So-net無料ブログ作成

屁ロ~ワ~クよ、こんぬづは♡


さっきまで日が出てたのに、雲が広がってニョミニョミ冷えてきた。

ついこの間まで、早く涼しくなんねかな、なんつてたのに、もう火が恋しくなってきた。

昨夜は、十三夜だった。

残念ながら雲が出てしまい、お月さんはうっすら見えたり、まだらに見えた程度だった。

んがまぁ、十三夜は十三夜。

っつことで、昨日は衣被(きぬかつぎ)を食べた。

っつーことを今朝知った。

朝まだ暗いうちに台所へ雪……行き、電気をポチッと点けたれば、流しの上に、里芋の皮が積んであった。

あ、そーだった、ゆんべ里芋茹でたんだった、と、思いだしたのである。

何げにハミげに句帳を広げたれば、酔った字で、


     衣被よよよがうれしもう一つ   屁散人


と書いてあった。

「よよよ」ってなんだよ、と自分でも思う。

すかそ、この句を作った時は、これがいいのだ、


     これが面白いのだっ! 


と思っていたに違いなく、あまつさえ、

 
     一世一代の傑作! 


と自画自賛、自己陶酔していたのだろう。

酔いとは怖いものである。

すかそ、酔いつつも俳句を作る屁散人が愛おしいではないか。

自分で自分を舐めてやりたい。

あ~、あすこが自分で舐められたらなぁ、と何度思ったことか。

これを一度も思ったことのない男はいないであろう。

これが出来たら、どんなにシヤワセであろう。

あれ?

昨日は、屁さしぶりっちょに職業安定所に行ったのだった。

いつの間にか職安は、ハローワークという名に変わっていた。

略して、ハロワ。

ハロワには、もちりん仕事を探しに行ったのだ。

老人介護職のパートがあったらなぁ、と検索してみたが、介護支援専門員の□……資格なんぞが必要だったり、ピッタリくるものがなかった。

一つ、介護職ではなくて学童保育のパートが時間的に結構でございますな、であったけど、孫が来るのは嬉しいけれど、何日もいられるとくたびれちゃって、早く帰って欲しい、っつのと同じで、体力的に子供相手は無理そう。

つことで、今日もハロワに行くつもりである。

ところで、ハローワークとはどうゆー意味なんだろ。


     こんにちは、お仕事さん


つ意味なんだろか。

そーすっと、昨日の屁散人は、グッバイワーク、


     サヨナラ、お仕事さん


グバワ。

でありますな。

な~ん♪




  (注)伝統的に、十三夜では、豆や栗を供えます。里芋は十五夜の時。



terrace・屁見庵庭 003.JPG

荒れ放題になってしまった屁見庵の庭園。
ススキ、カラムシ、コセンダングサ、カラスウリ、ヨモギなどなどが自由自在、伸びやか~に育ってしまった。
中央に高くそびえてるのは、水眠亭から持ってきたケヤキ。
植えたときは20センチだったけど、今はもう2メートルを超す。
2~3度、大家さんに根元から切られてしまってたのに、強い樹であります。




          

[やや欠け月]第9弾 昨日のお貯め(○○を買おう! 8月16日開始)

     お投入=127円~♪ 
     
     ご累計=9,314円~♪


■昨日のあんよの歩き(目標1時間以上!)  
  
 [ドコモ提供] 3時間

 ・屁見庵→ヴェルニー→大滝町→若松トンネル→汐入→(浦賀道)→屁見庵

 ・屁見庵←→汐入←→大滝町←→平成町






nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。